201611/27Sun

認知症カフェおれんじ 店長ゆう屋のつぶやき!~全国介護者支援団体連合会に参加しました~

介護者支援の急先鋒と言われ、
大きな期待を抱かれている、uptree代表阿久津と共に、
新幹線のぞみで、早朝から大阪に飛んだ。
大阪で、全国介護者支援団体連合会に出席するためだ。
結論からいいましょう。

来てよかった。

やはり、にんげんは、メールやラインも必要だが、
顔の見れるやりとり、大事やなあ、と。そして、にんげん、もっとすっぱだかに、ならなあかん。
そのことを、いやというほど、教わりました。
個人的な意味で!考えてみれば、大したもん、もっとらんのやから、
ええかっこせず、全部さらけだしたら、ええんや、どんなにか風通しがよくなることか。
個人的に、思った。ああ、これやったんか、
心のしょうもない壁がぶっ飛んだ。
西宮のNPO法人つどいばさくらちゃんの、おかっぱ頭の名物おおさかおばはん、
通称まるちゃんとともに、介護者支援のいまと未来について、大いに会話の花が咲いた。
まるちゃんのところには、常に笑いの花が咲く。隠すもんが何もないからや。
まるちゃんのいいたいことは、「めし」と「旅」。理屈なんか、いらへんわ。

大事なのは「めし」と「旅」。

まるちゃんは言う。
安心、安全を謳っての閉じ込め介護から、本人とともに外へ。外食に。旅行に行こう、と。
まるちゃんが言いたいのは、常設のつどい場さくらちゃんへ、いらっしゃい、と。

素と本音を吐露しましょ、そしてみんなで旅へ。

実際に毎年恒例の旅を実施されていて、実際に認知症の妻を連れて、その旅に参加、
台湾へ行った方が、何をするのも遠慮があるのに、つどい場さくらちゃんで行った旅は、

「みんなが当たり前のようによくしてくれて、何の遠慮もなく旅が楽しめた、」と。

わたしも、あのおかっぱ頭の、おおさかおばはんこと、本音のまるちゃんという人と出会えて、
こんな風になればいいんやな、と思えた。西宮甲子園が、近くに感じられるようになったわ。
21日前購入すれば、往復で2万2千円で、東京から大阪まで、往復。時間も2時間半や。
自分が本音を出せずに、フン詰まってきたら、新幹線に飛び乗って、
おおさかおばはん、まるちゃんに会いに行こう、と決めた。
まるちゃんは言う。

お茶じゃ、あかん。お茶じゃ、会議になってまう。めしやめし、飯食って、ココロひらいて、
ごはん食べることで、まじくる(交わる)・・・、

それがつどい場。

介護保険のおかげで、街からお年寄りが消えた、と。車椅子の人が街中に、溢れだしたら、いいんや。
つどい場にも、介護職の人が多くなっている、と。

「介護する側が病んでる。」

だから、みんなでめしくって、本音さらして、旅や、旅!まるちゃん節は、尽きることのない削り節のように、
止まらない。しかも、ユーモアと笑いで、いつもまじくる。この後は、まるちゃん以外の方が言ったことも含みますが、
よろしく。前例がないからと、あきらめず、

「どこからお金をひっぱってくるか。役所、行政をどんどん巻き込むんや。専門職も巻き込む。」

「ヤングケアラー(若くして、親を介護したり、兄妹を介護したりなさる若者)の話も出てきて、そういう若者を含め、
若い人を巻き込む、」

そのためには、

「介護の現場で、若い人に人件費払って、自分の親を介護しながらも、生活できるようにしてあげる、」

「そういう仕組みをつくっていく。」

男の介護者は声をあげん。

「助けて」という一言を、いえばいいのに、それでガマン。本音でいこや。

まるちゃんは言う。
とにかく、「めし」と「旅」、「まじくる」(交わる)
このみっつのキーワードは、おかっぱ頭の大阪おばはん、まるちゃんの存在とともに、
わたしに残っていた、最後のココロの壁をぶち破ってくれた。会合の後、飲み放題の居酒屋へ。
代表阿久津とわたしは東京に日帰りゆえに、40分しか参加できないが、気が付いたら、1時間半、
飲みまくり、大爆笑。新大阪で新幹線に乗ってからも、阿久津とアイスを食べ、酒をのみ、つまみを喰らう、
あっというまに東京駅。
西宮、常設のつどい場さくらちゃんのまるちゃんは、初めて黒船がやってきたときの、浦賀の人々の驚きのように、
わたしに最高のカルチャーショックを与えてくれたのでした。

2017年1月9日、西宮市民会館で行われる、NPO法人つどい場さくらちゃん主催の、
「かいご楽快(がっかい)」も、
ものすごいユニークな精神科医など来るらしく、早くも来年の手帳に予定を書き込んだ、そんなわたしでありました。
みなさんも、かいご楽快、つどい場さくらちゃんで、検索してみてね。
2017kaigo_ページ_1
書きたいこと、もっとあるけど、これで充分。腹八分目でね。

まとめ:「本音で生きろ!」

店長:ゆう屋。

201611/11Fri

報道関係者各位 小児版介護者手帳”「ケアラーズノート」の作成・発行をめざして!

報道関係者各位

”小児版介護者手帳”「ケアラーズノート」の作成・発行をめざして!

~介護者支援NPO法人UPTREE(アップツリー)がクラウドファンディングで支援をよびかけ~

家族や知人を介護する人たちへの支援活動を展開している特定非営利活動法人UPTREE(アップツリー)は、2016年6月に「介護者手帳」を作成・発行した実績をもとに、クラウドファンディングサイト「READYFOR?」を通して障害児の保護者を対象とした“小児版介護者手帳”「ケアラーズノート」作成・発行に必要な費用870,000円への支援をよびかけるプロジェクトを開始しました。

障害児をもつ保護者へ“小児版介護者手帳”「ケアラーズノート」を届けたい!――  家族や知人を介護する“介護者”をサポートする活動を展開している特定非営利活動法人UPTREE(アップツリー)(所在地:東京都小金井市、代表理事:阿久津美栄子)は2016年6月に「介護者手帳」を作成・発行した実績をもとに、クラウドファンディングサイト「READYFOR?」を通して障害をもつ子どもを介護する保護者を対象とした“小児版介護者手帳”「ケアラーズノート」作成・発行に必要な費用870,000円への支援をよびかけるプロジェクトを開始しました。

▼ 「親の為の小児版介護者手帳『ケアラーズノート』をつくりたい!」プロジェクト紹介ページ:クラウドファンディングサイト READYFOR

■「介護者手帳」作成の実績を活かして“小児版介護者手帳”「ケアラーズノート」実現へ

NPO法人UPTREE(アップツリー)がクラウドファンディングサイト「READYFOR?」を通して11月1日に開始した「親の為の小児版介護者手帳『ケアラーズノート』をつくりたい!」は、重症心身障碍などの障害をもつお子さんの保護者に利用していただく“小児版介護者手帳”「ケアラーズノート」の作成・発行に必要な費用870,000円への支援を呼びかけるプロジェクトです。

UPTREE(アップツリー)は、家族や知人を介護する“介護者”サポートの一環として2016年6月に「介護者手帳」を作成・発行しました。この実績をもとに、任意団体の「すぎなみ重度心身障碍児親の会 みかんぐみ」と共同で“小児版介護者手帳”「ケアラーズノート」の作成・発行のための費用への支援を呼びかけるプロジェクトを開始しました。

2016年6月に作成・発行した「介護者手帳」は、“介護する人を支える”目的でケアの必要性や介護専門職に必要な情報の共有、介護ロードマップで全体の流れを把握してフローチャートやリストに記入することで介護者の負担や不安をやわらげる内容になっています。

クラウドファンディングでの支援を通して作成・発行をめざしている“小児版介護者手帳”「ケアラーズノート」でも同じノウハウを活かして、重度心身障碍や障害をもつ親の負担や不安がやわらぐような内容を予定しています。

※具体的には、以下のような項目を検討中です。

①      介護者の現状 ②介護のやりたいこと ③介護者自分のこと ④介護者のライフサイクル 現状の可視化

⑤介護者のできることチェック ⑥子供の基本情報 ⑦子供経過 ⑧医療ケア ⑨防災マニュアル ⑩介護者のつぶやき

介護当事者が今不安に思っていることを可視化し、介護している保護者が先の見える環境を知り、同じ思いの仲間の声を聴き、コミュニティーにも参加できるようになることで、1人で抱え込まない子育て環境を増やしていくことを目指した内容です。

■      全国約4万3,000人の重度心身障碍者への支援制度は未整備

重症心身障碍とは、重度の肢体不自由と知的障碍とが重複している状態をいいます。社会福祉法人 全国重症心身障害児(者)を守る会によれば、成年した方を含め全国で約4万3,000人と推計されています。

日本重症児福祉協会によれば、2008年時点で全国193ヵ所の専門施設や病院はほぼ満床状態で、整備の遅れが顕著となっております。また推計で約2万5,000人とされる在宅重症者のうち通園事業を利用できる方は約20パーセントと報告されています。

家族と離れて生活することがむずかしい障碍者への支援は、いわゆる“親亡き後問題”として社会福祉政策上の重要課題の1つです。厚生労働省の調査によれば、50パーセント超の障碍者が経済面を家族に依存している一方、介護する家族が亡くなったあとは生活保護で生活を支えると考える障碍者は約20パーセントにのぼっています。

■「親の為の小児版介護者手帳『ケアラーズノート』をつくりたい!」プロジェクト概要

プロジェクト紹介ページURL:(クラウドファンディングサイト「READYFOR?」):https://readyfor.jp/projects/10239

目標金額:870,000円
支援よびかけ期間:12月16日(金)午後11時
支援金額とリターン内容
3,000円:プロジェクトメンバーからの「Thanksメール」(以下の支援金額共通)

5,000円:“小児版介護者手帳”「ケアラーズノート」2冊、「介護者手帳」認知症版1冊

10,000円:“小児版介護者手帳”「ケアラーズノート」3冊、「介護者手帳」認知症版1冊

30,000円:“小児版介護者手帳”「ケアラーズノート」5冊、「介護者手帳」認知症版2冊

【特定非営利活動法人UPTREE(アップツリー)について】

所在地:〒184-0002 東京都小金井市梶野町1-2-36 R05

代表者:代表理事 阿久津美栄子

設立:2012年2月

電話番号:042-288-7700(代表)

URL:http://uptreex2.com/

事業内容:家族、知人を介護する人たちを対象としたサポート、支援活動

<『UPTREE』とは>

東京都小金井市にて、家族介護をしている方への居場所づくりを行っている団体です。小金井市にて「認知症カフェ」を2か所で開催し、人材育成も並行して行っております。またまちカフェ小金井・1Dayケアラーズカフェを開催。将来的な家族介護を見越した事前啓蒙活動「介護者予備校」を主宰、介護保険外の枠組みから介護を行っているご家族様に対し「助け合い事業」も実施しております。

【本件に関するお問い合わせ先】

NPO法人UPTREE 事務局

Tel:042-288-7700   E-Mail:info@uptreex2.com   HP:http://uptreex2.com/

プレスリリース→小児版介護者手帳プレスリリース

<12345...>