201610/21Fri

認知症カフェぬくいきた! 

「認知症カフェぬくいきた」
UPTREEは、小金井市内2ケ所「認知症カフェ」を開催しています。
この「認知症カフェぬくいきた」は、公民館との共催型の活動です。

大切なのは、おもてなしということで、前回までは、学芸大学から研修にきていた、
絵が大好きな女性がホワイトボードに、絵を描いてくれていたのですが、
ファイル_000 (6)
その子の研修が終わって、もう来ないので、わたしが、認知症カフェ、ぬくいきた、と、
絵文字&お地蔵さんの絵などで、おもてなし。
ファイル_000 (7)
ここぬくいきたは、囲碁とマージャンが人気。
超初心者の70代のおばさま方が、マージャンにいそしむ姿が、楽しそう。
メンバーの中で、役や点数のことがわかるのは、89歳のおじいさまだけだが、
まあ点数などはご愛敬で、並べ方や上がり方がなんとかわかれば、それでいいのだ。その89歳のFさん、一見、耳が遠くて、杖をつき、お元気そうでない感じ。しかし、お昼のとき、隣でお味噌汁をすすりながら、話しかけたら、
ああ、わたしもこんな感じのおじいさまになれたらいいな、と思えるほど。よく耳を澄ますと、澄んだいい声。
心のきれいさが、伝わってくる。おさない頃から、本が好きで、読んでも読まなくても、枕元に本が積んでないと、
眠れなかったらしい。本が積んであるだけで、安心して眠れるのだそうだ。それは、89歳になられた今も、変わらない、と。決してべらべらしゃべるタイプではないが、いろいろな話をきかせてくださった。
科学、自然が好きで、仲間と2000メートル級の登山に勤しまれたこと、戦争がなければ、天文台や、NTTの研究職などに、お勤めなさりたかったらしいが、戦後の困難の中で、そういうことも言えなかった、と。
いかにも研究者という風情で、威圧感がまるでなく、ムーミン谷に住む、植物学者のよう。

だから、戦争を憎んでいる、と。

ただ、ひとつ間違えれば、原爆など、そういう兵器を開発する側に立っていた、
そういうこともありえたわけで、そういうことに携わらなくて、

本当によかった、と。

さらに、100歳以上生きたら、皆既日食が見られるとか、火星にも行ける。ただし、行き来に時間がかかるので、
わたしの年齢じゃ、火星に行ったとしたら、火星で骨を埋めることになるが、それでもいい、と。
そういう話を、まさに、ノーベル賞受賞の、研究者のように、とつとつと話してくださった。
こんな話をしても、女房は、わかってはくれないのです、と。
マージャンの時も、唯一ルールを全部わかっていて、年老いたつぶやきシローのように、さりげなくリード。
わたしは昭和2年生まれの、Fさんの存在に、すっかり魅了されてしまいました。
本当に、人は話してみないとわからないし、おひとりおひとり歴史があるなあ、
人生があるなあ、とつくづく。それと、奥さまが認知症のIさんは、認知症の奥さまともども来られ、ともに囲碁が達者。
さりげなく奥さまの所作などを感じていたのですが、
小金井市から認知症カフェぬくいきたに、小金井市派遣研修(入社後4年以内の職員がNPOへ派遣され研修)に来られた、
20代の青年も、一緒に囲碁を打ちながら、奥さまが認知症とは気づかれなかったよう。
その囲碁を打たれた、認知症の奥さまが、いつもいる、あの髪を紫に染めたおばさんは、いないの?
という言葉。人呼んで、パープルNさんは、本日はお休み。土曜日の認知症カフェ・おれんじにも来てくれている人。
すごく気遣いがありながら、本音でぼんぼんしゃべる。しかも、心からのハグが、なんともいい、人気のパープルNさん。
ちゃんと、ご自分が大好きな、心打ち解ける人のこと、忘れてはいないのだ。
いつも思うのは、

認知症という症状がある方こそ一層、周囲の人の気持ちに敏感なのだなあ、ということ。
その認知症の奥さまの囲碁の打ち方も、ダイナミックで、心置きなく迷いがない。
パープルNさんも、よどみなく本音でズバズバ。やはり、人は自分と似たようなリズムに惹かれるところも、あるようですね。
夫婦のように、全く違う雰囲気の人に惹かれる場合も、もちろんありますが。
本日の認知症カフェ・ぬくいきた(小金井市)には、小金井市の若きふたりの職員も、研修として参加されました。

こういう居場所が、ささやかにでも営まれていることに、しみじみ、良いなと感じつつ、
まるで9月の陽気の中、10月20日の、認知症カフェ・ぬくいきた、本日はおしまい。
次回は、11月7日、月曜日です。
img217
認知症カフェおれんじ店長:ゆう屋。

201610/16Sun

認知症カフェおれんじ 店長ゆう屋のつぶやき!

いつもながら、わたしが癒されたのは、
認知症という名札はついているが、Yさんという女性の、
絵に夢中になって取り組んでいる姿だ。

目の前に置かれた、日に焼けた、南国娘ダンサー人形を、
丁寧に模写するのだが、そこには、Yさんの躍動するエネルギーがあった。
にんげんは、自分の中から湧き上がるエネルギーを堰き止めてしまうと、
病んでくる。
Yさんは、この認知症カフェで、はがき絵を黙々と描きながら、
みずからの手で、みずからを癒していっているのがよくわかる。
もちろんご本人は、そんなことなど、露とも知らずに。
さらに生命エネルギー溢れるような描き方の絵に、
見ている方が、気持ちがあつくなる。Yさんの夫も、この認知症カフェに来られるようになってから、
妻Yさんへの対応に、ゆとり、余裕が感じられるようになっていて、
介護者支援のuptreeが提唱しているように、
介護者が少しでも楽になれば、介護される方が楽になり、救われる、そのことを体現してくれているのが、Yさんご夫婦のケース。

2014163481571

多くの認知症の方々にも、誰かがやさしく寄り添いながら、その方本来の命のエネルギーを、
その方にふさわしいやり方で、出させて差し上げれば、少しずつ改善へ向かうのは、間違いないように思うのです。

さらに、織姫(折り紙の先生)の、作ってきてくれた、モンゴルのゲル(長期生活できる、見事なテント状のもの)のような、和菓子などを入れる容器にもなる、器とフタと別々に作った折り紙の、デザイン、色彩にも魅了された。

認知症のYさんの夫の方にも、認知症予防に、わたしのやっている笑いヨガ以外に、さらに「グーパー体操」もいいよ、
と、勧めてくださった。
認知症の予防のみならず、うつほかにも、五感を刺激するということが、有効なのは明らかだが、
その中でも、はがき絵、折り紙など、手、指先を使うものは、大切。
もちろんその方々の好みが、一番大切なのは言うまでもないことだが。

まったりしながらも、笑いの耐えない、遠慮のないカフェの空間に、介護事業所の見学の方、介護系の若い女性のケアマネさん、ヘルパーさんも、驚かれていたようです。

それにしても、カフェ終了の後の、スタッフ、サポーターによる振り返りの折りに集中した話題は、
こんなコーヒーの200円かそこらの値段で、
このカフェがいつまでやっていけるの、経営的にどうなるのか、
このままじゃ成り立たなくなるか、80代の利用者の方々が本気で心配してくださり、
その話題になると、介護者支援uptreeの代表、阿久津さん、
その気持ちに、思わず目が潤んでおりました。そのくらいに、利用者の方々がここちいい居場所、と感じて下さっているようです。

代表、阿久津さんは、このカフェは、半民半官を目指すと言っている。
この様な居場所は、民間だけで出来る仕組みで終わってはならないと。
利用料金を利用者(介護者・被介護者)が負担する様な仕組みでは、今後も介護される側が気軽来られる場所としては、継続は出来ない。
これは、介護保険事業で出来ない、保険事業以外の家族介護者の支援の形にする、と。

介護保険、医療保険の話にも。
何も知らないご家族などは、医療、に付いては、介護保険よりも気軽に相談ができ、よりどころとなる場所と考えている。
そんな中、必要の無い薬を処方をされている現状もある。
そういうことをきちんと伝えてあげることも、わたしたちの役割、という話も出ました。
確かに、認知症などの多くの症状の多くのものは、薬もひとつの解決策、
それと大切なもの、知識、情報、コミュニティー。

こんな風に、認知症カフェ・おれんじでは、
ネスレさんのバリスタによる、温かいコーヒーをいただきながら、
カフェのその日の振り返りは、必ず1時間以上かかってしまうのでありました。

しかしこれこそは、
なくてはならないアウトプットの時間であり、スタッフ、サポーターが共に意見を述べ合い、理解し合い、
ふだんぎで、ピーチクパーチク。しかし、主に介護者、被介護者ほか、このカフェを利用してくださる方々が、
気持ちよく、過ごしてくださるのに、なくてはならない時間なのです。

12月には、認知症カフェ・おれんじの利用者と一緒に、無理のない山登り(リフトを使っての、高尾山限定ルートなど)を、したいね、というお話なども。

店長ゆう屋の「介護者俳句」

「自分のための 時間作って ほがらかに」

店長:ゆう屋。

201610/10Mon

認知症カフェおれんじ 店長ゆう屋のつぶやき!

武蔵小金井駅そばの、認知症カフェ・おれんじへ。
途中で、おまわりさんの気持ちのいい笑顔に遭遇。

そのとき、笑顔っちゅうのは、やはりいいもんだな、と思った。
ムリのない笑顔でいよう、そのとき、ふいにそう思った。

それだけで、充分すぎる社会貢献じゃないか。
充分すぎる、自分への貢献でもあるし。
それ以外のことはすべて、人生の副産物。

ただ、自分のため、あるいは見も知らぬ、誰かのために、スマイルしてみる。
というか、自分がなんとなく、ムリのない笑顔をつくっていたら、
それが人のためにも、なっているのかもしれません。

それだけが、わたしのすべて。あとは、すべて、人生の枝葉にすぎない。

今日からは、ムリのない笑顔だけが、
わたしのすべてでいいかな、
そんなことを思いながら、認知症カフェ・おれんじへ。

pl-2014109891579

月1の、テコンドーの先生がきてくださると、
いつもあらためて、肩甲骨を動かすことの大切さを思い出させてくださる。
肩甲骨 動かせば それが健康骨 いや健康のコツ

初めて、お母さまを伴って来てくださった娘さん。
まだまだお元気なお母さまだが、少しこれからが心配、と。日中誰とも会わないので、
わたしじゃない、いろんな方に隣に座ってしゃべってもらって、
生活に刺激を与えてあげたい、との思いがこぼれる、なみだもこぼれる。

歌のコーナーも、すっかり秋の声、「虫の声」「里の秋」、
さらには、つたの絡まるチャペルの「学生時代」ほか。

スタッフの子どもさんなども来てくれて、折り紙に夢中。
折り紙って、すげーなあ。折り紙をとことん追求するだけで、一生かかるわ、
というくらい、いろいろな複雑なものまで、できる。

人生、ひとつ探求するくらいで、充分。
わたしは、ムリないスマイルだけで、充分。

いつもながら、歌、折り紙、はがき絵は、利用者の方の、大好きな時間。

利用者、サポーターさんはもう何でも話せるような関係であることもあって、
最後の葬式のあり方も、ざっくばらんにお話されたり、その考え方は、みなそれぞれ。
エンディングノートのこととか、本日は何かそういう話題にも、焦点が。

というわけで、本日も、最高のサポーターさんに支えられつつ、
「認知症カフェ・おれんじ」無事終了。みなさん、また来週土曜日まで、1日1日、人生を、楽しんでくださいね。

店長ゆう屋の「介護者俳句」

「現状を肯定することから はじめましょ」

店長:ゆう屋

<1234...>