201609/19Mon

認知症カフェおれんじ 店長ゆう屋のつぶやき!

もうすぐ秋分の日というにも関わらず、充分に暑い。

82989830

本日の武蔵小金井、認知症カフェ・おれんじには、
いつもの常連の方の、お仲間含め、まず10人の方々が、団体で来てくださり(予約)、
他の施設からの、見学してみたいということで、施設の利用者さん含め4人、

あとは、常連の方。さらには、常連の80代の利用者から体調を崩されて、来られないという連絡。

おそらく魚座の満月のせいで、心身ともにモヤモヤと、少し体調を崩された方もいたのでは、
とわたしは勝手に想像しました。

そんな中で、10人のグループを、連れてきてくださった常連のOさんが、笑いヨガを、とリクエストらしい言葉を。

認知症カフェ・おれんじでは、あまり他のプログラムなど、ないときに、店長のわたしが、笑いヨガをやるのだが、
本日は、他の施設からの参加者も加わって、スタッフ、サポーター、認知の症状のある方も含め、
総勢20名近くで、笑いヨガ。

心がけたのは、とにかく年配の方にとって負担にならないよう、5,6分で終わろうと決めた。
特に、大切にしなければならないのは、ノドを適度に湿らせながら、それぞれが無理をせず、ご自分のペースで笑うこと。

そして、あいさつ笑いを通じて、みんながそれなりの笑顔を交換し合い、スキンシップ(手をつないだり、握ったりしながら)で、温まってもらえば、深呼吸を充分して終了。スキンシップで、温まるだけで、充分!

そのくらい短時間で、高齢の方に楽しく、負担がかからないように、と。

本日の笑いヨガは、自分で言うのも、なんだが、見事に成功だった。

最後の振り返りの時間でも、スタッフの方から、施設からのはじめての参加の方が、こんなに笑ったのは久しぶりで、ことのほか良かったという、フィードバックを。

わたし自身も、団体10人での参加してくださった数人の方から、気持ちよかった、家でもだんなとやってみる、などと、言ってもらえて、うれしかった。

ハガキ絵では、いつも絵を描くのが大好きな、
認知症の症状がある奥さんを、連れて来てくださる旦那さんも、はじめてサラサラと、鉛筆でデッサン。

それを見た認知症の奥さんは、いたくよろこばれたのです。
やはり自分と同じように、夫が絵を描いてくれたこと、それはとても大きなことだったようで、

「こんなのが描けるんだ」

と、何度もおっしゃっていました。とてもうれしそう。

毎回旦那さんが連れてきてくださる、認知症の症状がある、絵を描くのが大好きな奥さんの、状態が目に見えて、改善してきているから。

振り返りの時に、サポーターさんから、口々に、不安感が無くなり、隣に座った方とも、自然に会話。あきらかに落ち着きが出てきており、同じく旦那さんにも介護の余裕が見えてきた。

安心安全な場所で、心許せるサポーターさんに寄り添われ、まるで心もカラダの少しずつ温まってきたようだ。

認知症カフェ・おれんじでは、
毎度恒例のハガキ絵、それと同じようになくてはならないギター伴奏による、歌のコーナー、もうみなさん、口には出さなくても、楽しみになさっているのがよくわかるのです。
最近は、それに並んで、折り紙も、大人気ですが。(テコンドー、アロマも月1ですが、人気)

日本は東京都小金井市、そこにキラ星、カシオペアのように輝く、認知症カフェ・おれんじ、
そこでさりげなく寄り添ってくださるサポーターさんたちの力が、
このような目に見える成果を出してくれている現実を見て、秘かに、満月のような気分になった2016年9月17日でした。

ゆう屋店長 今週の介護者の俳句!

「限界を教えてくれた 認知症」

店長:ゆう屋

201609/11Sun

認知症カフェおれんじ 店長ゆう屋のつぶやき!

生きるって、凄いな!

最近のわたしには、連日この言葉しかない。日本列島は、東京、小金井市に、キラ星のように輝く、
認知症カフェ・おれんじ。
人知れず、冬の夜空に静かに輝く、カシオペアのように、存在する、その天空の温もり。

本日は、介護のお仕事の関係者から、
実際に何十年にも渡って介護を続けてこられた方まで、NPO法人UPTREE代表阿久津さんは、相談業務に大忙し。

そんな中で、認知症カフェおれんじは、一日、いい意味で、ごったがえしていた。

その中でも、感動的だった出来事は、ふいに訪れた。
昼食も終わり、昼下がり、ようやく少し落ち着いた頃、わたしは、介護者の男性と囲碁を打つ。

そのとき、突然聴こえてきた歌声に、わたしのみならず、カフェにいたすべての人が、満面の笑みになっていたのではなかろうか。

ご家族に伴われて来られていた、認知の症状がある男性の「王将」を、歌う歌声の、その力強さ、ためらいのない朴訥とした迫力は、今思い出しても、泣きそうだ。

2014115312545
「♪吹けば飛ぶような 将棋の駒に賭けた命を 笑わば笑えうまれ浪花の 八百八橋♪」

世の人々も、社会も、認知症、お年寄りと、勝手にひとつの枠に、括ってしまおうとするが、そうじゃない!

こんなにも、生きる力が、溢れている。その出し場さえあれば、これほどの力感あふれる歌が、歌える。

そうだ、認知症は記憶に多少問題は出てきていても、感情は何も変わらず、その生きようとするエネルギーは、出し場を求めて、うごめいているのだ。

本日あらためて思ったのは、
認知症の本質を理解することは重要だけれど、お年寄り、認知症と勝手に枠組みにはめ込もうとせず、認知症カフェおれんじでも、人気のプログラム、ギター伴奏つきの歌唱、ハガキ絵、折り紙、テコンドー、囲碁なども、さりげなく自然に、参加者の潜在能力を引き出し、ご自分を表現できる「よろこび」を感じられるもになっていけばいいな、と。

あらためた、東京都小金井市の認知症カフェおれんじは、初冬の夜空の温かいカシオペアであり、生きる底力の「王将」でありたい、そんな居場所を目指して、ささやかに続けてまいります。

また、介護者手帳(認知症介護者家族の方の必需品)をご希望の方は、下記のamazonより、ダウンロードしてくださいね。

https://www.amazon.co.jp/%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E8%80%85%E6%89%8B%E5%B8%B3-%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%97%87%E3%81%AE%E5%AE%B6%E6%97%8F%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE-Caregives-Notebook-NPO%E6%B3%95%E4%BA%BAUPTREE-ebook/dp/B01E3ETRFC?ie=UTF8&keywords=%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E8%80%85%E6%89%8B%E5%B8%B3&qid=1463143685&ref_=sr_1_1&s=books&sr=1-1

店長ゆう屋「今週の介護者俳句」
「悔やんでいい 悔やむことこそ 介護なのね」

店長ゆう屋

201608/28Sun

認知症カフェおれんじ 店長ゆう屋のつぶやき!

毎週土曜日(第一週を除く)認知症カフェの店長を、
やらせてもらって、数か月になりますが、
人というものは、曲がりなりにも、
ダメはダメなりにも、少しずつ確かに変化していくものですね。

店長としてやるべきことというのは、概ね把握できたのですが、
まだまだひとつひとつのことがこなれていないので、
全体を見るフリをして、
個々の介護者に寄り添うことまで、
わたし自身がまだ余裕を以って、あたれていないです。

ご自身が介護の大変さを十二分に経験、
そういう修羅場をかいくぐってこられたゆえに、
ここちいいほど素直に言葉を発することができる、
人間的なスタッフ、サポーターに恵まれているので、
ついつい、
この方々にまかせていれば、安心、
そんな甘えが、わたしの中にもあるように思います。

毎週土曜日、わたしはそんなサポーター(ご自身の介護経験のみならず、
認知症サポーター養成講座で、認知症の意味を学んで来られている)さんの姿を、
目の当たりにします。

そういうサポーターさんの方々は、
もしかしたら一生テレビやメディアに派手に取り上げられることはないのかもしれませんが、草の根を支える、その人間力には、感服します。
あの「鈍感力」を描かれた、医師であり作家の渡辺淳一さんなら、
きっと「人間力」という本を書きたくなったはずです。

それと、スタッフ、サポータさんは、わたしと事務局を支えるふたりの男性以外は、
すべて女性。
能天気で、社会性の足りないわたしは、
そんな介護者や認知症の当事者に、
さりげなく寄り添う女性のサポーターさんに囲まれ、
はじめてまともに女性のパワー、魅力に目覚めたような気がします。
この女性サポーターの「さりげなさ」、「率直さ」を見ていると、
わたしも遅ればせながら、伴侶がいてくれたら、
そう素直に思えるのです。

その昔、
「人には添うてみよ、馬には乗ってみよ」、
年配の人にそう言われたことなど、
耳にも貸さなかったことなどを、思い出したりしますが。

いつも、あらためて、女性サポーターの「さりげなさ」、「率直さ」に、
支えられているのが、このNPO法人uptreeの認知症カフェなのだ、
とつくづく感じ入るのです。
先日そのNPOの代表、カニが大好きな阿久津さんにインタビューをしたとき、
UPTREEはお金はないけれど、
このサポーターさん、スタッフが、財産だと言われていたことを、
思い出します。

さて、そんな武蔵小金井の認知症カフェ・おれんじですが、
NPO法人UPTREEでは、今年度、認知症の家族のための「介護者手帳」を作りました。

同僚のスタッフから、昔介護しているときにも、
こんな、認知症の家族のための「介護者手帳」があったらな、
という話を聞きました。

この手帳には、介護の基本情報、介護、認知症の本質を理解をすること、
さらに、公的なサービスの各種情報、
現在の介護の状況など整理し、記録することもできるようになっており、

日本中の多くの方々が、この手帳を手にすることによって、
大変な状況の中でも、整理し、記録し、情報を知っていただき、
認知症への誤解を失くし、
公的なサービスを大いに利用していただき、
何より、介護者ご自身の、心身の負担を少しでも減らしていだだけたら、
NPO法人UPTREEでは、そう考えております。

この手帳の意味はさらに、
全国で大変な介護をなさっている方々、
実はみんなひとつにつながっている、という証のように思えます。
あなただけ、ひとりぼっちじゃない、

この手帳を通じて、
ご自身の親や、伴侶を介護をなさっている現状を、
きちんと整理できるだけでなく、

タモリさんの「笑っていいとも」のテレフォンショッキング、
「ともだちの輪」じゃないけれど、
日本列島、最北端宗谷岬から、最南端波照間島まで、
介護をなさっている方々の輪を広げ、
実際に支え合う仕組み、ソフトを作っていけるよう、
UPTREEでは、日々励んでおります。

http://kaigosha-techo.info/

上記のホームページに詳しく、
介護者手帳についても、書かれております。
介護者手帳をご希望の方は、問い合わせフォームにどんどん書き込んでくださいね。
ともだちの輪ならぬ、介護者手帳の輪!を、
広げましょう。

そうです、そうなんです。
介護者手帳は、
介護される人ではなく、介護をする人を支える手帳なんです。

なぜなら、介護する方が孤立せず、
少しでもご負担が減り、ささやかでも楽になっていただければ、
介護される方も、気持ちが楽になれるはずだから。

店長ゆう屋の介護者俳句!
「おつかれさま まずは自分に言ってみる」
pl-2014285159453

<12345...>