202005/20Wed

厚生労働副大臣へ“家族介護者”の為のコロナの環境における要望書を提出しました!

本日、厚生労働副大臣橋本岳衆議院議員へ 特定非営利活動法人みかんぐみ 代表理事 村 一浩さんと
“介護者への給付“の要望書をお願いに行きました。

TOPページ


要望書をの内容はに介護者へ二次補正予算に家族介護者へ給付をして欲しい。それだけです。
現在介護の環境はコロナの影響に介護保険制度が遂行ができていません。
介護事業所、リハビリ事業所、施設も自主的に休業しています。
家族は事業所の代わりに家族のケアを24時間交代なく担わないとならない環境です。
このコロナの環境は致し方ない状況ではあります。
介護事業所、リハビリ事業所、施設の皆さんのご尽力もかなり頂いている事も事実ですし過酷な状況です。
この時に家族も1人のケアのプレアイヤーとして今後対価を得ながらケアをする仕組みを1つ設けるべきと考えます。
先ずは今は家族介護者への給付それのみです。
介護者とは無償で家族、知人のケアをしている人です。

全ての家族がケアをしたい人ばかりではありません。
ケアを全力でしたい家族もいます。これが現実で、選択肢を作る事が重要と思います。

今回は自由民主党長島昭久衆議院議員 小金井市議会清水学議員にご尽力頂きこの機会を設けて頂けました事に感謝を申し上げます。

引き続きの家族介護者支援に尽力をしていきます!応援の程よろしくお願い致します。

NPO法人UPTREE
代表 阿久津 美栄子

123...>